メッセージに花を添えて


お祝い事に限らず、「もの」を贈るというのは意外に難しいものですが、時代背景を問わず、特別な機会にもらうと嬉しいものの代表は「花」ではないでしょうか。普段、花を買ったり飾ったりという習慣がない人でも、もらえば嬉しいものですし、門出の季節に華やかな雰囲気を味わうことができます。

そして、今やさまざまな事業者が提供している電報のサービスにおいても、花を添えるものは充実しており、また安定した人気を誇っています。生の花を贈る場合もあれば、ある程度長期間美しさを保つことのできるプリザーブドフラワーも選ぶことができます。各事業者は、予算に応じたさまざまなパターンのフラワー電報を用意しており、相手の喜ぶ顔を想像しながら選ぶ楽しみも味わうことができます。

電報に添えて贈ることのできる花の形式は業者によって多少異なりますが、お祝いを華やかに演出する花束や、そのまま飾ることのできるアレンジメント、箱を開けるとたくさんの季節の花が現れるボックスタイプフラワー電報、風船に花を閉じ込めたバルーンフラワーなどさまざまです。

携帯電話やメールで簡単に言葉のやりとりができる時代にあってこそ、あえて電報という形を取ることで、相手を思い、特別な機会を祝う気持ちを伝えることができるのです。今後、身近な人の節目を祝う機会があったら、ぜひフラワー電報を活用してみてください。