メッセージに花を添えて


お祝い事に限らず、「もの」を贈るというのは意外に難しいものですが、時代背景を問わず、特別な機会にもらうと嬉しいものの代表は「花」ではないでしょうか。普段、花を買ったり飾ったりという習慣がない人でも、もらえば嬉しいものですし、門出の季節に華やかな雰囲気を味わうことができます。

そして、今やさまざまな事業者が提供している電報のサービスにおいても、花を添えるものは充実しており、また安定した人気を誇っています。生の花を贈る場合もあれば、ある程度長期間美しさを保つことのできるプリザーブドフラワーも選ぶことができます。各事業者は、予算に応じたさまざまなパターンのフラワー電報を用意しており、相手の喜ぶ顔を想像しながら選ぶ楽しみも味わうことができます。

電報に添えて贈ることのできる花の形式は業者によって多少異なりますが、お祝いを華やかに演出する花束や、そのまま飾ることのできるアレンジメント、箱を開けるとたくさんの季節の花が現れるボックスタイプフラワー電報、風船に花を閉じ込めたバルーンフラワーなどさまざまです。

携帯電話やメールで簡単に言葉のやりとりができる時代にあってこそ、あえて電報という形を取ることで、相手を思い、特別な機会を祝う気持ちを伝えることができるのです。今後、身近な人の節目を祝う機会があったら、ぜひフラワー電報を活用してみてください。

「冠」を電報でお祝い


冠婚葬祭の祝い事のうち、多くの人が経験している結婚や葬儀は、友人や近所の人など、家族以外の比較的広い範囲の相手に対しても行う可能性があります。これに対して、「冠」である入学や卒業を祝う対象は、家族や親戚など、ある程度限られています。

また、お祝い事としての入学や卒業の特徴として、ひとりの人について何度も起こりうることであるということが挙げられます。また、近しい間柄の人の間でお互いに「祝いあう」ものでもあります。あまり大きな祝いをしていてはお互いに負担が大きくなるという問題もあり、どのような形で祝うのがよいのか迷うところでもあります。

そんな時にぜひ思い出してほしいのが、特別な機会に思いを込めたメッセージを伝える手段である電報です。日本では、法律的には「電報」に関わる業務は電信電話サービスを行う会社にのみ認められていることですが、ここでは、メッセージやそれに添える贈り物を、電話回線ではなく人の手で「届ける」サービス全般を指すこととします。

電報は、もともと簡潔な文章で気持ちを伝えるものであり、メッセージのパターンもある程度決まっていることから、長い手紙を書くことに抵抗がある人にとっても、贈る言葉を考えるハードルは低くなっています。そして、そこに贈り物を添えるという場合にも、幅広い選択肢が用意されているのです。以下で、その具体例について見ていきましょう。